LINEで資料請求

遮熱塗料で暑さを和らげる

最終更新日 2022年7月28日

部屋の暑さの主な原因は窓からの熱の流入で、屋根や外壁の熱も室温に影響を与えます。

夏の直射日光を浴びている屋根の表面温度は50℃を超え、時には80℃になることもあり,

この熱が室内に伝わることで室温は上昇してしまいます。

屋根や外壁の表面温度の上昇を抑えることができれば、室内に伝わる熱が減り、

室温の上昇を小さくすることができます。

太陽光のうち、熱になるのは赤外線です。

この赤外線を反射する機能を備え、屋根や外壁の表面温度を抑える塗料が遮熱塗料です。

屋根に遮熱塗料を塗ると、一般塗料の屋根に比べ表面温度は10~20℃も下がり、

室内温度を1~3℃下げることができ、屋根や外壁の劣化を防ぐが遮熱塗料のメリットです。

1~3℃では大きな差ではないと思うかもしれませんが、少しでも室温が低くなれば、

エアコンも効きがよくなり、設定温度を高くできるので、省エネ効果にもつながります。

ご興味を持たれた方、お話を聞いてみたい方は

口建築 ホームページ または 0955-73-4936 までお問い合わせください!!

 

しつこい営業いたしません!!

                                                              イメージ画

 

 

 

 

 

 

 

お客様サポート  山添 美香

お客様サポート  山添 美香

笑顔たやさず 気持ちの良い接客を。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP