新築/唐津市/O様邸/配筋検査について

10月に地鎮祭を無事終え

いよいよ現場がはじまります

地盤調査も問題なく

配筋検査に入りました

配筋

配筋検査

配筋検査は、コンクリートを打ち込む前に

配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを

設計監理者等がチェックする検査をいいます。

これは、建物の強度や耐久性に

直接影響するため、建築で重要な検査の一つとなっています。

検査でチェックされる項目が

  • 開口補強はしっかりなされているか
  • 結束のスパンは適切か
  • 型枠と鉄筋の間にゴミが落ちていないか
  • かぶり厚は適切か
  • スペーサーの数は適切か
  • スターラップの施工に問題は無いか
  • 幅や高さは適切か

など聞きなれない言葉がならんでおりますが

よく挙げられるのは「ゴミ」などです

様々な業者さんの出入りがありますので

どうしてもゴミ等余計な物が落下しまうことはあります

不純物が入ってしまうとその分家の強度は

落ちてしまいます。

なので、社長は『掃除』を大切にしています。

当たり前のことかもしれませんが

川口建築では日々大切なこと

としています

小さなことからコツコツと

まだまだ精進してまいります

 

お客様サポート 谷口 翔子

お客様サポート 谷口 翔子

笑顔たやさず 気持ちの良い接客を。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP